”走りながら”は難しい

a0026445_125454.gifこの日記に掲載している写真の画像は自転車を降りて写しているものです。
最近、携帯電話で話しをしながら自転車に乗っている人を多く見ます。
あれ、昔試した事があるんですが、顔と携帯の距離が不安定なせいか、自分も聞こえづらいし、相手も何言っているのか解らないんじゃないかと思います。
第一、周りの人にぶつかりそうで見ていてヒヤヒヤします。

車の運転中の携帯利用と同様、アレは法律や条例で取り締まったほうが良いですよ。
ヘッドフォンステレオも同じ。
周囲の音が聞こえないので、危ないです。

試しに今朝、走りながらデジカメで写真とってみましたが、思った通りに撮れないし、そちらに気が行ってしまい、走るスピードも遅くなるし、ちょっとした段差でも転びそうになるし、良い事は一つもありませんでした。

なにかしながら走れるほど自転車は楽な乗り物じゃないです。
[PR]
by garakutado | 2004-06-14 12:56 | テクニック | Comments(0)


<< 自転車はどこに置くべきか 韋駄天翔(TOMY) >>